検索
  • 【名前学】古川絢一

名前学協会が目指す学問『名前学』とは!?

更新日:2021年12月6日


名前には目に見えない特別な力が宿っており、名前は一人一人の人間形成に大きく影響を与えています。


性格は皆、生きてきた環境や職場環境、付き合ってきた人などによって大きく違いますが、同じ名前であれば、生まれながら備わっている本質(行動や判断の基準、パターン)は同じだということもわかっています。


そのぐらい、名前は人それぞれの人間形成に大きく影響を与えています。

このことを理解し、名前の知識を活用して生きていけば、これから先の人生、人間関係の悩みが今より良くなることは間違いなしです。


名前学協会では、『名前学』を通して人生の笑顔を咲かすお手伝いをして参ります。







より自分らしく より自由に生きるための学び



自分らしさとはなんでしょうか。 そして自由に生きるとはどんな生き方なのでしょうか。


もともと私たちは生まれた時に名前を授かり、 その時にどのような性質を持ちどのように生きることが望ましいのかすでに決まっているのです。

しかし、現代において名前を大切にする習慣が低くなり、 中には自分の名前が嫌いという方も少なくありません。

このような時代の変化により、 名前の一文字、一文字には力が宿っていて、それは自分が自由に生きるために、 とても重要な役割をになっている事を、この『名前学』を通して知っていただきたいと思っています。

自分にとって無理のない自分らしい生き方を見つけ、 こう生きると決めることから始まります。

自分を知り、相手を知り、自分らしさを理解し、生き方を広げ、深め、変える。 そのための学びがここにあります。







閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示